HOME | リフォーム | オール電化リフォーム

 オール電化リフォーム

昨今取りざたされていますエコ住宅のキーワードのひとつとして、「安全」「クリーン」「省エネ」を実現が可能な「オール電化」住宅。現実的な話、リフォームは当然お金がかかります。せめて毎月の光熱費を安くすれば助かりますよね。オール電化にすることにより光熱費を下げることが可能なのです。

オール電化リフォームの基本

 オール電化の基本はこの二つ。まずは基本を抑えましょう。

【1】IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、コイルに電流を流し、そこで発生する磁力線の力を使って鍋自体を発熱させます。超トロ火からパワフルな高火力までどんな料理にも対応でき、操作も簡単です。自動湯沸かしや調理タイマーなどの便利な機能のほか、切り忘れ防止などの安全機能が充実。さらに火を使わないからこれまでのキッチンのように、壁際にとらわれることなく、アイランドキッチンや、オープンキッチンにも最適。木製の調理台だって作ることができます。しかもフラットなトッププレートは、お手入れが簡単。そのシンプルな美しさは、キッチンを今までとは違う世界に変えてくれるでしょう。
近年、IHを導入するご家庭が増えています。掃除が簡単で使い心地もバツグン。多くの安全機能を装備しているから子どもや高齢者でも安心です。家族とのコミュニケーションが取りやすいと人気のアイランドキッチンやオープンキッチンにも、火を使わないIHは最適。キッチンの可能性が広がります。

【2】エコキュート

エコキュートとはヒートポンプ式給湯器です。大気中から熱を吸収して,その熱を利用してお湯を沸かすシステムです。燃焼しないので、排気がなくクリーン、しかも高いエネルギー効率を得られます。魅力でまずなんといっても大きいのが、「環境にやさしい」。二酸化炭素(CO2)の大量排出などによる地球温暖化現象は年々深刻化しています。エコキュートは、高温給湯の時でも火を使うことがないので、従来の燃焼式給湯器と比較して、約50%のCO2しか排出しません。1の電気で3以上の熱エネルギーを生み出せるCOP(エネルギー消費効率)の高さが、CO2排出量の大幅削減を可能にしました。
さらに、フロン系冷媒ではなく自然冷媒であるCO2を使うため、オゾン層破壊係数もゼロという優れもの。大気の熱を効率よく取り入れてお湯を沸かすため、電気代が少なくてすみます。主として夜間電力(昼間に比べて約70%もトク)を利用するので、ランニングコストが従来のガス給湯機に比べ1/5から1/8の量となり、断然おトクになっているのです。

その他のオール電化リフォーム

電気式床暖房

床暖房の最大のメリットは、なんといっても快適性。足元からじんわり暖めてくれる床暖房は、その快適さが違います。風の対流で温めるエアコンなどとは異なり、温度にムラがない均一の暖かさが得られるのが特徴。さらに頭寒足熱の理想的な暖房ともいえます。また、床面自体が暖房機器となるので、余計な機器類がでず、部屋がすっきりと、ひろびろ使えます。狭い日本の住まいに適した暖房といえます。床暖房は、インテリアデザインを邪魔しない点もメリットのひとつ。床の仕上げ材が自由に選べるのです。フローリングだけでなく、カーペット・コルク・長尺ビニル・畳・タイル・石と、実にいろいろなものが可能です。インテリアに合う床材で、床暖房にすることができますので、好みの仕上げ材が楽しめます。

食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機では、手洗いでは無理な高温のお湯で洗うから、ごはんやカレーなどの一般的な汚れは手洗いと同じかそれ以上にキレイに洗えます。さらに、高温すすぎを選択すれば、約80℃のお湯ですすぐのでとても衛生的です。手洗いの場合は、ほとんどのご家庭で「ため洗い」「流しすすぎ」をされていますが、食器洗い乾燥機は洗濯機と同じ「ため洗い」「ためすすぎ」方式です。お湯を循環しながら洗うから、光熱費も水道代も手洗いより安くなります。
給水接続の食器洗い乾燥機では、水を供給して目標温度まで内部のヒーターで沸かし上げるため、運転時間が1時間近くかかってしまいます。給湯接続の食器洗い乾燥機では、お湯を供給するため、内部のヒーターで少し沸かすだけで目標温度に達するので、運転時間が20分くらいしかかかりません。さらに、途中のすすぎやヒーターを使わないコースで運転する場合、給湯接続の方が洗浄水の温度が高いため洗浄力が高く、しかも衛生的です。

浴室換気暖房乾燥機

浴室換気乾燥暖房機の普及が目覚ましいですが、つぎのリフォームの機会に取り付けたいと考えている方々が多いのではないでしょうか。雨が降っていても、毎日がお洗濯日和。1台4役(換気、予備暖房、乾燥、涼風)。給湯暖房器もあります。 夏は涼風、冬は暖房、雨の日は洗濯物の乾燥機としてマルチに使えます。
オール電化住宅の場合では、電気料金の安い深夜時間帯に衣類乾燥機などを使用することによって電気料金を格段と抑えることが出来ます。カビ防止による「アレルギー対策効果」、「ヒートショック予防効果」など、家族の健康を見据えた効果も期待ができそうです。 気になる浴室の湿気やカビには、「強力換気」が力を発揮。湿気をぐんぐん換気し、タイル目地や天井のカビの発生を抑えます。強力な24時間連続換気や便利な予約換気もワンタッチでOKです。

太陽光発電

太陽光発電は無尽蔵な太陽光を利用し、CO2の排出を抑制するクリーンな発電方式として注目されています。住宅の屋根などを利用した太陽光発電システムの設置軒数は、年々増加傾向にあり、さらに太陽光発電を採用された約8割のお客さまがオール電化を選択しているそうです。
太陽光発電とオール電化住宅の組み合わせは、再生可能エネルギーを最大限に活用するため、従来の住宅と比較して、CO2の排出を約56%も削減することが可能となりました。昼間は太陽の光で発電した電気をつかい、夜は太陽に暖められた空気の熱を活用してエコキュートで効率よくお湯を沸かす。そのうえ、おトクな料金メニュー「電化上手」を選択すれば、割安な夜間の電気を利用できます。
昨今の「節電」が叫ばれる中、自家発電が今まで以上に注目を浴びています。太陽光発電ですべてをまかなえる「スマートハウス」の考え方がこれからの家造りに欠かせないキーワードになるでしょう。