HOME | エコ住宅 | エコ住宅のご紹介

 

エコ住宅をご存じですか

かけがえのないこの小さな地球は、いま、深刻な環境問題に直面しています。地球規模での環境問題も、実は住宅内外や周辺環境から始まっています。
私たちは、身近な環境、広くは地球環境に少しでも負担をかけずにすむ健康的なライフスタイルが実現できるエコ住宅をご提案いたします。



エコ住宅のご紹介

エコ住宅とは

 

最新環境技術が結集したエコ住宅とは

「エコ住宅」「省エネ住宅」が、ハウスメーカーでの新常識になりつつあります。消費者のエコ志向は強まっており、食品や飲料では、カーボンオフセット付きの商品や植物性プラスチックを原料に使ったものなどが登場。車業界でも、エコカー補助金やエコカー減税の効果もあり、低燃費で排気ガスの少ないエコカーが選ばれるようになっています。この流れは住宅業界でも同様で、国としても、「住宅の省エネルギー基準」を強化し、住宅における省エネ化・エコ化がますます進んでいます。
 

エコ住宅に採用されている主な設備

 住宅には、様々なエコ技術が凝縮されています。少し前には、高気密・高断熱や、ホルムアルデヒドフリーの塗料などが話題に上りました。今、各社がこぞって打ち出している新製品が、「太陽光発電パネル付き住宅」。2009年1月から国の補助金制度が始まったこともあり、俄かに活気づいています。更に11月からは、余剰電力の買取制度が開始され、太陽光発電人気は更に加速しそうです。
その他エコ住宅に欠かせない設備・システムとしては、例えばエコキュート、エコウィル、エコジョーズなどの高効率給湯器。2009年に発売された家庭用燃料電池「エネファーム」も、最大140万円の国の補助金が付くとあって人気です。また、太陽熱温水器やソーラーシステム、断熱材や高反射率塗料、蓄電池システムなど。照明や水回りについても、LED照明や節水型トイレなど、省エネ型のものが積極的に採用されています。更に、電気自動車の充電設備を兼ね備えた家や、電力・ガス・水道の利用による家庭からのCO2排出量が分かるようなモニターなども登場。エコ住宅の機能は、今後も進化を続けそうです。
 

エコ住宅は、補助金制度も充実

しかしながら、エコ住宅を建てるには、初期投資がかかるというのが難点。そのため、太陽光発電や省エネ給湯器など、種々の補助金制度が設けられています。2009年度の第2次補正予算では、住宅版エコポイント制度の創設が決定。予算は1,000億円程度で、エコ住宅の新築や、断熱材を採用したリフォームをする場合にポイントが付与されます。こういった国の補助制度も、エコ住宅普及の追い風になりそうです。
 

 オール電化住宅

オール電化住宅とは

オール電化住宅は、家庭内で用いる全てのエネルギーを電気に統一した住宅です。利用される電気機器は主に以下のとおり。この他電力消費を抑える目的で発電用に太陽電池を設置する場合もあります。
■給湯:エコキュートまたは電気温水器
■調理:IH調理器(またはラジエントヒーター)
■冷暖房:エアコン、蓄熱式電気暖房器または床暖房システム(電熱式、PTC式、蓄熱式、またはヒートポンプ温水式)などを組み合わせる。
これらの機器は100ボルトの電気では能力不足であることから、一般に200ボルトを使用します。
1980年代後半からモデルハウスの展示が行われるようになり、1990年には時間帯別電灯料金制度が導入されました。また、IHクッキングヒーターやエコキュートが登場。排気を出さない点から、住宅の高気密化が進む昨今においては、ガス・石油を室内で使用しないことが「安全」「クリーン」であるとして、オール電化設備やオール電化住宅の販売が行われています。火災リスクが少ないメリットから住宅ローンの金利優遇を行う金融機関や、火災保険の特別割引を行う保険会社も登場。 また、リフォームの際に一部分のみを電化機器に置き換えるポイント電化を行うケースもあり、火災を嫌う賃貸住宅等に多く採用されてます。
戸建住宅においては、2007年度より、優秀と認められたオール電化住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」という表彰制度が創設され、オール電化住宅の普及促進に拍車をかけています(第1回大賞は一条工務店とスウェーデンハウス)。
 

オール電化住宅のメリット

 ・ガスの基本料金が無くなり、基本料金を電気に一本化できる。
・深夜電力を用いる場合に給湯にかかる光熱費がガスや灯油に比べて抑えられる。
・災害時や停電時にエコキュートや電気温水器の貯湯タンク内のお湯が使える。(飲料目的には適さない。)
・新築時にガス配管工事が不要なため、建設コストが抑えられる。
・裸火を使わないため、炎による火災の危険性が低い。
・電気調理器具は加熱時に空気を汚さないため換気を必要とせず、高気密高断熱住宅に適している。
・厨房の場所の制約が少ないため、部屋の中ほどに配置して食卓と一体化させるといった間取りの自由度を高められる。
・IHクッキングヒーターは、掃除が簡単で、油煙による換気扇の汚れも少ない。
・IHクッキングヒーターは、お湯を沸かすのが非常に早く、とろ火でも立ち消えの心配がない。また、鍋そのものを加熱するため、揚げ物をしていても調理人は暑くなりにくい。
・IHクッキングヒーターは、炎が出ていないため上昇気流が発生せず、飛び散る油の量が少ない。また、揚げ物の際にキッチンペーパーで鍋の上にフタをすれば油の飛び散りを抑えられる。
・火災保険の特別割引やローン金利の優遇制度がある。
 

注意!!! オール電化の訪問販売トラブルが発生しています。

1.「光熱費が安くなる」「キャンペーン中でお得」「ガス代がかからない」など経済的メリットばかりを強調し、消費者の冷静な判断を妨げる
2.補助金制度の応募のために契約を急がせる
3.機能についての説明が不足していたり、不適切な機器を勧めている。
4.販売業者と連絡がとれなくなる、または業者が倒産するなど、モニター商法のトラブルまずは慌てて契約をせず、消費者センターや最寄の取扱店にご相談ください。

 

 太陽光発電


太陽光発電とは

太陽からのエネルギーである太陽光を太陽電池(ソーラーパネル)で電気に変える事、またはそのシステムをいいます。
一切の燃料を必要とせず、空気汚染もないことが特長です。長期的に無補給で電源供給の必要がある宇宙空間や小型電子機器の電源として利用されてきた他、近年は環境問題への関心の高まりから一般家庭や一般企業での使用も増えてます。しかしその反面、発電効率が低いため大出力を必要とする用途には不向きといわれています。似て異なる(名称は似るが原理は全く異なります。但し特長は似ます)ものとして太陽熱発電があり、多数の反射鏡で凹面鏡を形成しボイラーに焦点を当てることでタービンを回す太陽炉などがあります。
太陽光発電は無尽蔵な太陽光を利用し、CO2の排出を抑制するクリーンな発電方式として注目されています。住宅の屋根などを利用した太陽光発電システムの設置軒数は、年々増加傾向にあり、さらに太陽光発電を採用された約8割のお客さまがオール電化を選択しているそうです。
太陽光発電とオール電化住宅の組み合わせは、再生可能エネルギーを最大限に活用するため、従来の住宅と比較して、CO2の排出を約56%も削減することが可能となりました。昼間は太陽の光で発電した電気をつかい、夜は太陽に暖められた空気の熱を活用してエコキュートで効率よくお湯を沸かす。そのうえ、割安な夜間の電気を利用できます。
経済産業省の補助金制度をはじめ、一部の地方自治体でも独自の補助制度を導入しています。住宅金融公庫ではシステム出力3.00kW以上のシステムを設置した場合、200万円の割増融資が受けられます。CO2の排出量と月々の光熱費を抑える、太陽光発電とオール電化住宅の組み合わせ。あなたも人と地球に優しい暮らしを始めませんか?
 

 エコキュート

 

エコキュートとは

エコキュートとは、高効率のヒートポンプでお湯を沸かす給湯機のことで、正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といいます。(「エコキュート」の名称は、電力会社・給湯機メーカーが自然冷媒ヒートポンプ給湯機の愛称として使用しているものです)。
現在地球の大気は二酸化炭素の増大により温室効果ガスが増えつづけています。これに危機感を募らせた世界各国は、温室効果ガスの削減目標を制定し、環境保護に取り組むことになりました。家庭で使うエネルギーのうち、「給湯」が占める割合は約3分の1。この部分の省エネに効果を発揮するものとして商品化された高効率給湯機が「エコキュート」です。2001年の登場以来、急速に普及をはじめ、現在では電気給湯機の主流になりつつあります。
2008年10月には、日本国内におけるエコキュートの累計出荷台数が150万台を突破!高い省エネルギー性・環境性を有し、地球温暖化に大きな貢献ができるエコキュートは、今後もさらにより多くの方々にお使いいただきたい給湯機です。
エコキュートは、たいてい電気温水器と同じような形状の「貯湯タンクユニット」と、エアコンの室外機と似た「ヒートポンプユニット」の2つで構成されています。ヒートポンプユニットで沸かしたお湯をタンクへ貯めておいて使用するため、使い勝手はまったく電気温水器と同じ。しかしお湯を作る仕組みが全く異なる機器なのです。
エコキュートは、私達の生活を快適にするだけではありません。現在、問題となっているCO2の排出量も大幅に減少するなど環境にも配慮。地球にも快適なエコキュートライフ、今すぐ始めませんか。
 

 無添加住宅

 

無添加住宅とは

コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅づくりの弊害として、「シックハウス症候群」という症状が残念ながら生まれてしまいました。シックハウス症候群の原因のほとんどが接着剤に含まれる化学ノリ。そこで昨今の業界の動きとして、化学ノリをいっさい使わずに、家を建てることを目的として、「無添加住宅」と呼ばれる取り組みがあります。
建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現。化学物質を使わずに、自然で健康な家づくりを進める「無添加住宅」が注目されています。
たとえば、もともと日本の住宅や建物の壁は、外壁も内壁も、土や漆喰(しっくい)で塗られていました。しっくいは、消石灰に麻スサやのり(ぎんなん草)などを混ぜた自然の塗装材です。化学式で表せば、水酸化カルシウム(Ca(OH)2)が空気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して、CaCO3の石灰岩という固いものになるのですから、しっくいは耐火性、耐久性も当然高く、古くから城や土蔵にも使われてきました。
このように合理的なのに、しっくいを代表とする温式工法は調合や現場での水塗りなど手間と時間がかかるために敬遠される傾向にありました。しかし、導入されている企業では、あらかじめ材料を調合したり、しっくいを塗った後に割れにくくするなど独自の工法を開発。外壁・内壁・天井と、ほぼ家の全体にわたってしっくいを使用していますケースもあります。外壁はあくまでも強く、内壁と天井は吸湿・放湿性に優れた特性で家の中の空気を浄化してくれます。しかもきめ細かい独特の質感。ビニールクロスでは得られない健康にあふれた住まいを、自然の生きた素材によって実現させています。
 

ロハスの家


ロハスの家とは

 

注目される「ロハスの家」の考え方

 LOHAS~ロハス(Lifestyles Of Health And Sustainability)と言われる人たちが、アメリカで、ヨーロッパで増え続け、今後のビジネスや政治のあり方まで変える可能性を秘めた存在として注目されています。
ロハスとは、地球環境保護と健康な生活を最優先し、人類と地球が共栄共存できる持続可能なライフスタイルと、それを望む人たちの総称です。
無理や我慢ばかりでは、健康も、エコロジーも、幸せも、長続きしません。自分たちの幸せの向こうに、社会の幸せや地球環境への貢献が地続きでつながっている。そんな実感のある暮らし、それを実現できる仕事を望む人たちにモノやサービスを提供する社会が、アメリカやヨーロッパで飛躍的に伸びています。
昨今この考え方を取り入れた家づくりが注目をあびており、これからの期待が膨らみます。最近の話題では、日本大学では太陽光や地中熱、風力のエネルギーのみによる冷暖房の利用を可能にした「ロハスの家」施設を完成。今後の製品開発や地域産業振興に期待が持たれています。